前へ
次へ

外構工事に失敗しない為の注意点

外構工事において最も多い失敗例は「費用面での計画性の甘さ」からくる不備です。特に後悔しがちなのが「駐輪場工事」と「照明工事」の部分です。他の部分に注力しすぎたせいで費用が無くなり、これらの工事が抜けていたり不十分であったりすると、工事完了後数年経ってから追加工事を依頼するような羽目になるので注意しましょう。またデザイン面を重視するあまりに外構の本質を誤り失敗するケースもあります。外構工事は本来安心して快適に生活することを目的として実施されるものです。ですからまずはデザイン性よりも、土地の特性や家から道路へ出る際の安全性等を第一に考えて実行するべきです。よって土地の強度や傾斜のきつさ等の条件次第では、実現できないプランもあることを念頭に入れておかなければなりません。そして日当たりや隣家との適切な距離感を保つこと等も十分に考慮してデザインするべきです。また費用を抑えるために外構工事をDIYする場合は無理をしないことが大切です。あくまでもDIYは自分でできる簡単な作業のみで、難しい部分は費用を準備して潔く専門家を頼りましょう。

Page Top